やっと慣れてきたスイスでの生活。子育てに追われながらのなにげない毎日のなにげない日記


by saya116jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

コンサート

日曜午後の夕方から、バーゼルシンフォニーオーケストラの主席ヴァイオリニストで
コンサートマスターの鈴木裕子さんが結成したグループ「TrioPlus」と、主席ホルン奏者であるアレッハンドロ・ヌニエスさん共演のコンサートがジュラで初めて開かれるということで行って来ました。

http://www.trioplus.ch/cms/website.php

学校内のホールでのコンサートだったのだけど、校内とは思えない素敵なホールで、今回も指の動きが見えるほどの距離から楽しむことができました。

大小問わず、こういったコンサートはよく催されていて、日本よりも気軽に音楽を楽しむことができるのではないかなと思います。
実際私もこうやっていろいろなコンサートに行くようになったのはスイスへ来てから。
彼も音楽(特にクラシックジャズなど)が好きなので、これからもいろいろなコンサートへ行ってみたいです。

残念ながら演奏後のアペロには参加できませんでしたがとてもいい時間を過ごせました。

ちびっ子2人は義両親のうちでいい子に待っててくれました。

そーちゃんの授乳が終わって一段落。
2歳を迎えてまた一段落。
少し前までは、義両親のうちへ預けることも難しく、なかなか外へは出れなかったけれど最近になってそれも可能になりまた一段落。
少しずつ、自分の時間が作って行けそうです。
ちびの出産から5年。
なかなか外へ出れず何もできなかった時期は、いろいろなものに取り残されていきそうで不安があったけど、、、過ぎてみたらそれほど時代もまわりも変わってない、、、と感じます。
(変わってるのかな!?)
あの妙なあせりはなんだったんだろう。

話は変わって。

先日食べた友達手作りのシフォンケーキがおいしくて、うちでも挑戦してみました。

ちびっ子2人も手伝ってくれるというので3人で!

が、まぁ始まってみたら

〝私がやる!〝
〝これは僕が!!〝

と喧嘩ばかりllllll(-_-;)llllll
最近の2人は本当に喧嘩が多くて、疲れる、、、。
そーちゃんにとってはちびは〝お兄ちゃんであり、すでにライバル〝
負けん気が強く、自己主張の強いそーちゃんとはしょっちゅう喧嘩。

2人が仲良くお絵かきしたり、ちびがそーちゃんをおんぶしたり、泣いているのをなぐさめているのを見ると、〝あぁ、この2人を産んで本当によかった、、、〝とホロリとくるけれど、朝から晩まで何度も喧嘩し、ギャーギャー言っているのを見てると〝もう2人とも近づかなくてよい!!怒〝と血圧が上がる、、、。
この差にまた気力体力奪われていく気がします、、、、。はぁぁ。

結局シフォンケーキは
型にくっついてしまって形がくずれ、
しっかり冷ましてから型からはずす

という初歩的なミスで失敗です。
でも味はなかなかだったし、あのフワフワ感がよかったので、また明日にでも再トライしてみようかと思います。

最近パソコンを変えたら写真の取り込みに少し時間がかかるので改善されるまで画像はなしです。
[PR]
by saya116jp | 2011-02-28 05:52

トイレトレーニング

そーちゃん、2歳4ヶ月。

春でいいかなーと思っていたトイレトレーニング、はじめてみました。

〝そーちゃんもちびみたいなパンツはいてみようか?〝

といったら、なんでもお兄ちゃんのマネしたがりの今は即答で〝うん!!!〝

初日は4回、パンツとズボンをビチョビチョに。

週に1~2回しか、洗濯機&乾燥機を使えないので、着せるものなくなるかも、、、とすでに不安に。

濡れた床を一緒に拭いたり、ズボンを洗うのを手伝わせたりしながら(一緒にってのが重要!)〝やっぱりまだ早かったかなぁ。ちゃんとおトイレでできるかなーと思ったんだけど、、、やっぱりパンパースにしようか?〝と残念そうに話しかける。(これも作戦)
すると〝やだ、パンツがいい!!〝とがんばろうとする。

そしてトイレで成功したらとっことん褒める!

結局その後も何度もビチョビチョにし、私も掃除、洗濯に費やされる時間にグッタリしてきてもうあきらめようかとも思ったけど、、、、2週間経った今、ちゃんとトイレでしてくれてます♪

排泄の失敗に関しては、親が神経質になって怒るのはよくないと本で読んだことがあったので、できるだけ怒らず〝ダメならいいや~〝くらいの気持ちを心がけました。

だからお互いストレスにならずトレーニングできたんじゃないかな。

最近は子育てに関することでイライラしたり、疲れることが減ってきた。

〝子供を一人の人間としてもっと尊重し、教えて育てる〝ということ。

子育ても 〝 対 〝 という視点で。

ある本を読んでから最近気をつけていることです。

そう、子供って体は小さいけど、いろんな事ホントわかってる。
[PR]
by saya116jp | 2011-02-27 17:25

大きいサイズ

年明けのセールもほとんど終わり。

先週ちょこっと時間ができて、少しお店を覗いてきました。

そーちゃんが一緒だったのでなかなかゆっくり見ることはできなかったけれど、何とか試着して2着購入。

面識のある人は知っていますが、私は身長が170センチ以上あります。

そして若干細身です。

なので日本にいるときは洋服を買うのがとても大変だった!

LLだと袖の長さや着丈がオッケーでも幅がありすぎて×。

体の幅に合わせると袖が足りないしー。

そして靴もしかり。

今はネットで大きいサイズの服や、海外の洋服、靴が簡単に購入できるようになったから日本の長身女子もだいぶ楽になったんだろうなー。

私はこっちにきて、洋服や靴を買うことは本当に楽になりました。

日本にいるころ、自分と同じくらい長身の子を見かけることはまれだったけど(都内に出ると時々見かける)、こっちに来てからは普通に同じくらい、もしくは大きい子を見かけます。

先週は、もう60才過ぎと思われる白髪交じりのおばあさんが私より大きくてびっくり!

さすがに日本では見かけない、、、、。

日本に比べて大柄な人が多いヨーロッパ。

逆に小さいサイズはバリエーションが少なくて、小柄の子は大変みたいです。

彼のお姉ちゃんは足のサイズが22.5~23センチですが、靴下や靴を子供用売り場で購入することもしばしばだそう。

去年日本に来たときは、靴下を大量買いし、靴も何足か購入したみたいです。

〝日本にはちゃんとしたデザインの私向けサイズがたくさんあってうれしいぃ!〝といっていました(笑)

小さすぎても、大きすぎても、大変だよねーーーー。

ちなみに、ちびやそーちゃんも、親が親だけにやっぱり平均より少し大きい気がします、、、、
[PR]
by saya116jp | 2011-02-17 05:41

日本帰国

5月の中旬から3ヶ月弱日本へ帰ります。

4月には妹が出産予定なので、今から帰国が本当に楽しみ!!

その間、もちろんちびはこちらの幼稚園へ行けないので、近日中に幼稚園へ一筆書いて提出する予定です。

うちの地域では幼稚園1年目はまだ義務ではないので、だめといわれることはないと思うけれど、、、来年くらいからは長期で帰るのは難しくなるかなと。

小学校に入ったら、長期帰国は学校から許可が下りなくなるという話をよく聞くので、今回の長期滞在しっかり楽しもうと思います。

今回最後の3週間弱は彼も日本!

またいろいろ観光できたらいいな、と今からどこへ行こうか考え中。

彼は午前中のみ1週間くらい、また以前通っていた日本語学校に行きたいと言っています。

学校は渋谷で、うちからだと片道1時間ちょっと。

もし本当に通うことになったら、せっかくなので学校の近くのホテルにみんなで宿泊して、ついでに東京観光しちゃおうかなと考え中です。

=去年行けなかった東京ドームで野球観戦。
(東京ドームホテルに泊まって翌日遊園地で遊ぶとか)
=築地でお寿司
=ジブリの森
=お台場(でもお台場はできれば車で行きたいんだよねぇ、、)

後はその時期のイベントを調べて(お祭りとかコンサートとか)決めていこうかなと思っています。

彼が来るまでは地元でゆっくり過ごす予定。

日本の友達のみんな、遊んでね!!



話は変わって、最近のスイスは春のような暖かさ。
異常気象、、とわかっていてもやっぱり晴れていると気分がいいです。
天気がいい日の午後はおやつを持って裏の丘へ。
子供たち、特にちびはこういうことするのが本当に大好きで大喜び。
そして歩いた後外で食べるおやつと水は最高においしい!

f0139072_415813.jpg
f0139072_424932.jpg

[PR]
by saya116jp | 2011-02-13 04:13
先日、ちびのお誕生日会が無事に終了しました。

思っていたよりも大変ではなく、けが人も出ずに(男の子が4人いたからヒヤヒヤ)に楽しく過ごせました。

でも2時間半が限界です、はい。

それ以上だったら多分げっそりきてたはず、、、汗

お誕生日会当日はそーちゃんはお義母さんのおうちへ。
そしてみんなが来る前にトイレ、入ってはいけない部屋、などそれぞれに張り紙。
f0139072_21475776.jpg


みんながそろったらまずは工作!
クリスマスのときに使った飾りがたくさん残っていたので、それを使って。
木で出来た星、ハート、イルカに好きにデコレーションしてもらい、穴を開けて紐でつるせるようにしました。
f0139072_22284071.jpg

ケーキを食べて、、
f0139072_2153392.jpg

その後みんなからもらったたくさんのプレゼントを開けて、遊びの時間。
その時に日本から送ってもらった“吹き戻し”を一本づつあげたんだけど、みんな大喜びでした。

帰りには、それぞれが作った工作とこれまた日本から送ってもらった紙風船をお土産に。
みんなとても喜んでくれてよかったです。
どうなるかと心配していた誕生会、無事に終了してよかったーー!!


そして今週は幼稚園の見学へ。
1週間のうち好きな時、何度でもどうぞ、という事だったので、2日間は私とそーちゃんで、もう一日は彼も一緒に見に行きました。
行った時間帯はちょうど自由時間で、そーちゃんもみんなに遊んでもらい、私はチビにいろいろなものを見せてもらったり、一緒にゲームをしたりして過ごしました。
チビがどんな風に友達と遊んでいるのか、とか、言葉の事とか、いろいろ発見がありました。

そして最後の見学の日、来ていた保護者の人たちも一緒にみんなで輪になって座って、先生からお話。

“幼稚園にはお母さん、ご両親が他の国の人が多くとてもインターナショナルです。今はみんなでそれぞれの国の言葉、その国の事をお勉強しています。ちびくん、日本語でボンジュールはなんて言うんだっけ?もう一回みんなに教えてあげてくれる?”と。

ちび、“こんにちは!” みんな声をそろえて “こんにちは!”

そして、先生から私に“せっかくなので日本語で何か一曲子供向けの歌を歌ってもらえますか!?”と。

で、キラキラ星を歌ったら、“おぉぉ!”とみんなから歓声。

そして先生、“じゃあ今度はそれぞれみんなの国の言葉で1~10までおしえてもらおうかな!”と。

まずは、日本語、そしてロシア語、カンボジア語、イタリア語、スイスドイツ語、アルバニア語、そして純スイス人の子は“私は英語なら知ってるわ!”と最後は英語で。
それぞれの子が数を数えるごとに、みんなも声をそろえて繰り返し。

外国人が多いとは思っていたけど、まさかここまでとは!
チビが幼稚園へあがるとき、“母親が外国人ということで嫌な思いをする事があるかもしれない”と心配した事があったけど(実際いじめや差別もあるみたいだから)、幼稚園ではみんな自信満々に自分のもう一つの母国について話し、言葉をしゃべって、、、
それが特別な事ではない、と思える環境で勉強できている事は私もとても嬉しかったです。
[PR]
by saya116jp | 2011-02-03 22:34

BoA

BoAの曲なんてぜんぜん聴かないけど、

たまたま見つけた。

最初、BoAだと思わなかった!

踊りとか、なんかかわいい。

http://www.youtube.com/watch?v=l-eUX2zEbxQ

(画像の貼り付けがうまくいかないので 汗 ↑ここから)
[PR]
by saya116jp | 2011-02-02 18:42