やっと慣れてきたスイスでの生活。子育てに追われながらのなにげない毎日のなにげない日記


by saya116jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

看護師免許の申請@スイス

今、スイスで日本の看護師免許が有効になるよう、申請をしている。
こちらへ着たばかりの頃、手続きについて色々な人から助言をもらい進めていたのだけど、まずは語学の取得が先と学校へ通い、その後は子供が生まれたりとなかなか思うように進んでいなかった。

看護師免許など医療系の免許申請もろもろを取り扱うのはスイスの赤十字。
むこうから送られてくる書類を記入して送り返し、看護学校の卒業証明書、成績証明書、取得単位証明書などなど、すべて英文(もしくはこちらの言葉)で提出。
看護師免許も、厚生労働省に英文証明書を申請し、それも一緒に。
そして赤十字が定めたレベルの語学試験の合格書も必要です。
こちらで働くのであれば、これは必須だよね。

と、こっちに着てから、日本帰国の際に書類を取り寄せたり、実家の両親にお願いして必要書類をこちらに送ってもらったり、、、必要書類をそろえるだけでもとても時間がかかりました。
そしてスイス赤十字。
仕事は膨大なのだろうけど、まぁ返信の遅い事、、(;´Д`A
書類提出から何ヶ月も音沙汰なし、ということもしばしば。
私の場合、子育て中でバタバタとしてたからまぁよいけれど、そうでない人にはなんとももどかしい時間だろうなと思います。

さて、
上のようないろいろな書類を赤十字で査定し、免許を有効にするための課題が送られてきます。
今回、私に課されたのは
“決められた期間の経験がある看護師の下、1年間の病院研修(実習)”
“スイスの公衆衛生学や関係法規、看護診断と看護計画の立案法などなど(他にもいろいろ 涙)の受講”
と、ちびっ子2人抱え、はたしてクリアできるのか!?という内容。

1年間の研修、、、。
長い、、。
でも、現場を離れてもう何年も経っていることを考えると、、、それくらいは必要なのかもしれない。
もう知識も技術も、だいぶ衰えている気がする。
医療機器もどんどん新しくなるし、治療方法もいろいろ変わるものね、、、。

とはいえ、この研修期間、もしかしたら少し短くなるかも知れない可能性があるので、いままた赤十字に確認中です。

、、つづく、、、
[PR]
by saya116jp | 2010-11-11 18:37